ペーパーハウスで学ぶスペイン語会話 Season2 【初級】

実践/雑記

(Part2-4より)

①Eso nunca se olvida.

それは忘れられないものだ

¿Recuerda la primera vez que hizo el amor?(初体験のことを覚えているか?)

  

Claro que sí, eso nunca se olvida, ¿no?(もちろん、忘れないものでしょ?)

  

Pues esta es mi primera vez en el mundo del crimen.(私にとってこれが初めての犯罪だ)

教授とラケルの電話でのやり取りのシーン。あいさつ代わりの下ネタもどこかなごやかな雰囲気が出てきましたね。教授とラケルの距離がさらに縮まっている様子が暗に示されているような一コマ。

~seの再帰動詞は「可能」を表すことができます。
ex. ¿Pepino del mar?. ¿Se come?(ナマコ?それって食べれる?)
(ちなみにナマコはpepino del mar[海のきゅうり]といいます。)

なのでse olvide「忘れることができる」→Nunca se olvide「絶対に忘れることができない」となります。

hacer el amor = make loveでHのことについてオブラートに言及しています。

NOTA

recordar「思い出す」

 

olvidar「忘れる」

②Salga bien o salga mal,

上手くいっても失敗しても

Y, salga bien o salga mal, siempre…(うまくいっても失敗しても)

  

lo recordaré como un bonito recuerdo.(いい思い出として忘れないだろう)

salir「出る」
(物事がうまく)行くという意味を表すこともできます。
ex. salir bien「うまくいく」⇔salir mal「失敗する」

不確定な未来の出来事について言及しているのでここでは接続法を用いています。

「思い出す」に関連する単語
  • recordar「思い出す」
  • recuerdo「思い出」

③Pito, pito, gorgorito.

どちらにしようかな

Tú me dirás, ¿estás conmigo o contra mí?(さぁ教えて、私の味方をするか敵となるか)

  

Pito, pito, gorgorito.(どちらにしようかな)

  

¿A dónde vas tú tan bonito?(天の神様の言う通り)

スペイン語版「どちらにしようかな」途中からおふざけに付き合って一緒に歌うナイロビもいいですね。スペイン人なら誰でも知ってるということでしょうね。

ちなみにこちらの子供向けの遊びに使われる歌のようです。

PITO PITO GORGORITO. CEIP Francisco Badillo (Villargordo)

歌の終わりに当たった人からどんどん外に向けていく遊びらしいです。

Pito pito gorgorito
Donde vas tu tan bonito
A la era verdadera
Pin pan pun fuera
En la casa de pinocho
Todos cuentan hasta 8.
1 2 3 4 5 6 7 8.(8の時に指さされた人がドボン)

④Ya sabéis que el Profesor es un idealista.

知っての通り教授は理想主義者だ

Ya sabéis que el Profesor es un idealista.(知っての通り教授は理想主義者だ)

  

Le importa más el mensaje que el dinero.(金よりメッセージ性の方が重要だ)

  

Y no dije nada porque hay que respetar los tiempos.(タイミングをうかがって黙ってた)

idealista「理想主義者」
→idealismo「理想主義」

その他の思想
  • Conservadurismo「保守主義」
  • Liberalismo「自由主義」
  • Socialismo「社会主義」
  • Anarquismo「無政府主義」
  • Comunismo「共産主義」
  • Humanismo「人間主義」

英語の~ismを~ismoに変えるだけなので覚えやすいですね。
また~istaとすれば「~主義者」となります。

NOTA

mensaje(男)「メッセージ」

 

dinero(男「お金」)

⑤mejor dicho

というより

Perdón, mejor dicho, ¿quién queréis que gane?(すまん、言い換えるならどっちに勝ってほしい?)

  

Ganar, gana Brasil.(ブラジルが勝つが)

  

Pero yo iría con Camerún, seguro. Camerún.(カメルーンを応援するだろう。カメルーンだ)

久々に登場した教授のたとえ話。ブラジルとカメルーンの試合ならどちらが勝つかという問い。言うまでもなくサッカー王国のブラジルが勝つことは明らかだが、人間の心情としてはカメルーン(格下)に勝ってほしいと誰でも思うものである。ブラジル人でさえも。それを逆手にとって格下の俺たちの味方になるよう民衆の心情につけこむんだ!と
なるほど~!

ir con「~と釣り合う、同調する」
yo iría con Camerúnカメルーンに同調するだろう→カメルーンを応援するだろうとなります。
ex. Fui con mi amigo.(友人に同調した)

⑥Por fin una buena noticia.

ついに朗報です

11 liberados, en directo.(11人が解放されます)

  

Están saliendo.(出るぞ)

  

Por fin una buena noticia en la Fábrica de la Moneda.(ついに造幣局の朗報です)

カメルーン作戦(いつのまにか格下の代名詞になっている)を実行するために、メディアを造幣局内に呼んでインタビューさせるように要求します。代わりに11人の人質を解放することを条件に。

por fin「ついに、最終的に」
ex. ¡He tenido la novia por fin!(ついに彼女ができた!)

buena noticia「良い知らせ」⇔mala noticia「悪い知らせ」

「自由」に関する単語
  • libertad「自由」
  • liberalidad「寛容」
  • liberal「自由な、自由主義の」
  • liberar「自由にする」
  • libertar「解放する、免除する」

⑦Miente a la opinión pública.

世論を欺いている

¿Quiere decir que la policía ha mentido a la opinión pública?(警察は市民にうそをついていると?)

  

La policía miente.(警察はうそつきだ)

  

Miente a la opinión pública.(世論を欺いている)

ベルリンにとって弁解するチャンスがやってきました。警察にハメられて人身売買や強姦の罪を着せられたベルリン。涙ながらの訴えです。いつも演技臭いベルリンがここは本気っぽいですね。

どういう意味?と表現したいとき
¿Qué quiere decir?といいます。直訳すると「何が言いたい?」なので高圧的に聞こえるかもしれませんが特にそういった意味はありません。

¿Quiere decir que la policía ha mentido~? 
直訳的に訳すと「警察が嘘をついてると言いたいのか?」となり相手の発言に対して否定的なニュアンスが感じ取れますが全くそのような意味はありません。スペイン語ではごく普通の言い方で「~という意味ですか?」くらいにとらえましょう。

NOTA

¿Qué quiere decir?「どういう意味ですか?」

 

mentir「嘘をつく」

 

opinión pública「世論」

⑧¿Nos has visto en la tele?

テレビで私たちを見てくれた?

Profesor, ¿nos has visto en la tele?(教授、テレビで私たちを見てくれた?)

  

Nairobi, os quiero a todos a una.(ナイロビ、結束が必要だ)

  

()

どう?うまくやったでしょと言わんばかりのドヤ顔のナイロビ。

visto 「ありふれた」
形容詞として用いると少し違ったニュアンスも表現できます。
ex. Es expresión muy visto.(とてもありふれた表現だ)

ver「見る」に関する表現
  • visión「視力、見解」
  • visible「見える、明らかな」
  • vista「視覚、眺め」
  • visto「ありふれた」
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました