明日も明後日も多分使えないスペイン語例文集

実践/雑記

①社会に唾を吐くような真似をし続けた結果、彼は玄孫の代までそのカルマを背負うことになった。

Como resultado de su continua de escupir a la sociedad, llevará ese karma con él hasta la generación de su progenie.

文頭のcomoは英語のas「~として」に相当する。
resultado「結果」

escupir a la sociedad「社会に唾を吐く」はほぼ直訳。

llevaráはllevar=bringの未来形。

hasta「~まで」
la generación de su progenie 直訳すると子孫の代まで。
スペイン語には「玄孫」に相当する単語がないので「子孫の代」と意訳。

②ビアンカを差し置いてフローラを選ぶ人間は血も涙もない名誉欲にかられた冷徹な人間だ。

Cualquiera que elija a Flora en lugar de Bianca es una persona de corazón frío sin sangre y lágrimas impulsado por el deseo de honor.

Cualquiera英語のanybodyに相当。

en lugar de「~の代わりに」

una persona de corazón frío「冷徹な人」直訳は冷たい心の人。

sangre「血」 lágrimas「涙」

el deseo de honor「名誉欲」

③いくら精神世界の探求に喜びを見出すといっても性的な興奮を覚えるほど変態ではありませんよ。

No soy tan pervertido como para excitarme sexualmente, no importa cuánto placer encuentro al explorar el mundo espiritual.

No soy tan 〇〇 como ~. como以下程〇〇ではない。

excitarse sexualmente「性的な興奮を覚える」

no importa cuánto「どんなに」

el mundo espiritual「精神世界」

④侵入者が勝つ方に66兆2000億円

66,2 billones en el lado donde el intruso gana.

スペイン語のbillónは「1兆」*英語とは異なる

el lado donde ~「~する側」

el intruso「侵入者」

ganar「勝つ」

左京さん…!!

⑤俺はキムタクにはなれないがキムタクも俺にはなれない。

No puedo ser Kimutaku, pero Kimutaku tampoco puede ser yo.

poder「できる」

ser「(性質・属性)~である」

tampoco「も~ない」

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました